∞あくありんぐ∞

混じり抜きを楽しむものは、衝動買いのことを“神の啓示”という

ラベルスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラベル立派になってきました

最近、あまり紹介していなかった子と、この間買って、水槽に入れた後、写真を撮りなおした子を紹介。
 
 
僕が一番好きなカラシンさん↓
 

 
○ワイツマニー・テトラ
本当はもう少し、オレンジ味が強いのですが、フラッシュ焚いたらなんかイマイチにwww
顔立ちもイカつくなって来ましたwww
ヒレも大きくなって、ドット模様も出てきています。
中央ラインのキラキラがたまりません(ハァハァハァ)
 
 
 
 
 
 
 
 

 
上のほうにチラッと写っているのもワイツマニーです。
この子は導入時期が遅いので、まだまだ小さいです。
 
しかし、これからまだまだ赤味が増して、ヒレが大きくなっていくと考えると・・・ワクワクしますwww
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
つぎは、写真を撮りなおした子です。
 

 
○レッド・ファントム・ルブラ
めちゃくちゃ赤いです。
大きさは、まだ2.5cmほどなんですが、すごく赤いです。
お店に仕入れられたばかりの水合わせ中の袋の中で、赤かったですwww
 
 
 
 
 
 

 
ブラックウォーター水槽で撮影すると、ちょっと薄暗い感じになるので、ISO感度を高め設定しています。
そのため、トリミングしてUPにすると、どうも粗く・汚くなってしまいます。
って、水槽自体も汚いんですが(爆)
 
まあ、ルブラの赤さが伝われば良いですwww
 
 
 
 
 
 
 
 
最後に、カラシンではない子を紹介。
この子は、コルレア・ベビーを紹介したときにちょっとだけ登場してますねw
 

 
○南米産ロケット・フィッシュsp.
お店で何なのか全然わからない状態で買った子です。
家の水槽でじっくり観察して、ロケット・フィッシュの仲間やなってわかったぐらいの子ですwww
餌を入れると、ちょっと後ずさりして、勢いつけてシュッて動きます。
まさしくロケットです。
 
 
 
 
 
 
 

 
買ってきた当初は、こんな感じでしたが、一回り大きくなって、色も渋い感じになって、立派になりました。
ちなみにガラス面にくっ付いていると、お腹の縁が金色に輝いていることがわかります。
 
 
 
 
 
まあ、病気とかもやりながら、ほど良くみんな成長していってくれてますwww
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト

テーマ:アクアリウム - ジャンル:ペット

  1. 2012/01/31(火) 21:43:07|
  2. カラシン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラベルレッドビー無濾過飼育バージョンUP

ボトルアクアでレッドビーを飼っていました。
 
 
あれから2ヶ月程たちました。
3週間程、水換えしていません・・・
 
 
・・・飽きちゃいました(爆)
 
 
なんの変化もなく、★になることなく、普通に飼育できていました。
飼育だけですよ。抱卵はしていません。
 
 
 
で・・・飽きたんです。
 
 
 
というか、ボトルって観察しにくいんです。
写真も撮りにくいんです。
 
 
 
 
だから、こうなりました↓
 

30×20×14のLOW水槽。
実質水深は10cm程度。
底床はボトルサンドです。
水量が少ないので、水質調整効果をもつソイル系は場合によってはエライ事になる可能性があるので・・・
 
ヒーターは前につかっていたパネルヒーターを使ってます。
まあ、力不足でしょうが、エビですし、何とかなるでしょうwww
 
濾過は無しです。
溶岩石だけです。
 
エアレーションも無しです。
 
 

 
ちゃんと水あわせさえすれば、入れた瞬間からツマツマします。
 
 
 
 
 

 
ボトルアクアと違って、写真が撮りやすいです。
 
 
 
 
 
 
 
さて、なぜLOW水槽にしたかというと・・・
普通の水槽だと、いっぱいお魚を入れたくなっちゃうからですwww
そうすると濾過機もつけないといけなくなるからです。
なら、ヒーターもちゃんとして・・・
あ、レイアウトも・・・
 
ってなっちゃうからですwww
 
 
 
 
この水槽のテーマは、“ちっちゃな地球=バランスド・アクアリウム”ですからw
 
 
 
でも・・・メダカぐらいは入れたいかなって思ってます。
ウィロモスを入れているのは、メダカの産卵床のためですw
・・・ワイルド・グッピーとかも良いですよね・・・
 
さて、どうしましょうwww
 
 
 
 
 
 

テーマ:アクアリウム - ジャンル:ペット

  1. 2012/01/29(日) 15:12:19|
  2. 水槽データ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラベル新規水槽立ち上げ!?

アピストグラマ・パンドォーロが繁殖しています。
 
1腹目、2腹目、3腹目と・・・2カ月おきに繁殖しています。
 
 
3腹目が産まれた辺りから、ママンが・・・1腹目、2腹目の子供達に独立を促すようになりました。
 
 
 
ですので・・・
 
 
 
新規水槽・・・
 
 
 
立ち上げちゃいました!?
 
 
 
 
 

 
な~んてねwww
 
単なる予備水槽ですね。
前に、新規導入前のカラシン達を入れていた水槽ですねw
 
 
飼育水100%使って、水作に濾過ウールのみ詰め込んで、ヒーターセットしただけ。
ライト?
ありません。
水草?
入れません。
 
だって、仔魚育成水槽ですから。
 
 
本来なら、底床もいらないのですが・・・
・・・ちょっと大磯が余る事情がありまして・・・
 
 
 
で、立ち上げたと同時に、隔離フロートに入っていた仔魚たちを移動しました。
 
 
 

 
ライトがないので、フラッシュを使って撮ってます。
もう、しっかりパンドォーロの顔してます。
餌はアカムシオンリーです。
1日2回、1回当たりお箸に2つまみぐらいですね。
 
 
 
 
 
 
 

 
2腹目の子ですね。
まだ雌雄はわかんないです。
 
 
この水槽で、元気に大きく育ってもらいましょうwww
 
 
 
 
 
 
 
 
 
では、元の水槽に残って、ママンとパパンの愛情を独占しちゃっている3腹目はというと・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
ちっちゃwww
パパンと大きさを比べると・・・
すごいですね。こんな小さいのが、ここまで大きくなるんですよねw
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
アヌビアス・ナナの葉に稚魚の影が写ってます。
いい感じに撮影されました・・・
・・・いや、ちょっとピンとあまいですねwww
 
 
ちなみに、この写真、トリミングしたものです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
で、トリミングする前の写真が、こちら↓
 

 
『夕日に浮かぶAp.パンドォ-ロ in タヒチ』
 
 
嘘です。
ただ単に、薄黄色の壁紙が写ってるだけですwww
でも、なんか、すごく綺麗でしょw
背景が、夕方の海辺みたいで、フラッシュの反射が太陽みたいで。
 
 
偶然撮れたオモシロ写真です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

テーマ:アクアリウム - ジャンル:ペット

  1. 2012/01/28(土) 17:30:08|
  2. アピストグラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラベルインドネシアの良ブリード種

この間、コルレア・ベビーを導入したことをお伝えしました。
 
可愛いんですよ、この子・・・
 
 
で、我慢できず、追加しちゃいましたwww
 
 
 

 
やっぱりベビーの可愛さは破壊神級ですw
 
 
 
 
で、このときですね・・・
 
綺麗な子がいたんですよ。
 
オレンジと深緑の濃淡がはっきりしたすごく綺麗な子達が・・・
 
 
 
 
“神の啓示”に抗う術を持たない僕は・・・
 
 
 
 
 
 

 
お持ち帰り~~~
って、ああ!水槽の縁で顔が切れてる~
 
 
 
 
 
 
 

 
○コリドラス・ベネズエラ・オレンジ(インドネシア・ブリード)
鮮やかなオレンジの体に、深緑の紋がすごっく綺麗に入ってます。
ここまでメリハリの効いている個体は珍しいんじゃないでしょうか?
ブリード物ですが、かまいません。
おそらくブリーダーがすごく良い親魚をお持ちなんでしょうね。
 
エラ蓋のグリーンの輝きも素敵です。
 
 
この手のコリドラスは好きなんです。
本当はスーパー・エクエスが一番好きなんですが、大きな個体しか手に入らないんですよね~
 
ちなみに、このベネズエラ・オレンジは2.5cmぐらいでしょうか。
相変わらずのロリっ子好きです(爆)
 
 
 
 

 
餌を入れた直後なので、動きまくっていて、うまくピントが合ってません。
トリミングしてUPで見ると、それがすごく良くわかっちゃうので、そのまま載せますwww
 
 
 
 
 
あと、バタフライ・バルブも、もう1ペア追加しちゃいましたwww
だって、可愛いんだもの。
 
 
 
 
 
 
 
 

テーマ:アクアリウム - ジャンル:ペット

  1. 2012/01/26(木) 21:19:09|
  2. コリドラス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラベル気合の入ったフリーイラスト

本日のイラストは気合入ってますwww
 
だって、製作時間2時間30分ですものw
 
 
 

 
 
ワイツマニー・テトラ
 
僕の一番好きなカラシンです。
ウロコの光具合、いい感じにできましたwww
 
これは、かなり満足しています。
 
 
 
 
では、いつもどおり。
 
気に入っていただいた方、ご自由にお持ち帰りください。
お好きに加工して、使ってください。
 
 
 
 
 
 
 
  1. 2012/01/25(水) 23:47:17|
  2. イラスト素材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラベルレッドビーのフリーイラスト

ここのところ、毎日のようにイラスト描いてます。
 
 
昨今のアクア界では、レッドビー人気がすごいです。
 
エビ = 掃除屋さん
レッドビー = ビーシュリンプのアルビノ
 
な~んて、イメージしかない僕・・・
ええ、古い人間ですYO?
昭和の男っすYO?
 
健康診断でバリウム飲んでますけど、なにか?
 
 
 
 
 
 

 
 
 
はい、レッドビーです。
 
これ、果てしなく手抜きですwww
見ればすぐ気付くと思いますが、1つだけ絵を描いて、後は大きさ変えて、向き変えて・・・
 
しかも、足とかちゃんと描くのめんどくさかったので、グラデーションでごまかしてます(爆)
 
まあ、体の白にうっすら青でグラデーションかけることで、白を強調する、みたいなこともやってますので、勘弁してください。
 
 
 
ほんとは、正面とか、背中とか、色んなパターンを描いて、一匹だけ“日の丸”“モスラ”を混ぜたりしようと思ってたのですが・・・
めんどくさい!!!(爆)
 
 
 
 
 
 
では、いつもどおりに・・・
 
気に入っていただいた方、ご自由にお持ち帰りください。
お好きに加工して、使ってください。
 
 
 
 
 
  1. 2012/01/24(火) 23:06:36|
  2. イラスト素材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラベル今度はコリで

イラスト素材を作るのが、いい気分転換になってますwww
 
 
と言うことで、今度はコルレア。
 
 

 
 
 
これは、そんなに難しくなかったですね。
ステルバイとか、ジュリーになったら・・・気が狂いそうになりますけどwww
 
 
 
 
では、いつもどおり、気に入っていただいた方、
ご自由にお持ち帰りください。
お好きに加工して、使ってください。
 
 
 
 
 
さて、次は何をつくりましょうかね~
 
 
 
  1. 2012/01/23(月) 22:06:43|
  2. イラスト素材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラベル綺麗でカワイイ魚と南米魚の値段変動

先日、メイン水槽に入れなおしたお魚を撮影しなおしました。
 
 
でも、あまりうまく取れませんでした。
大きな原因は3つあります。
 
①ライトが暗い。
 これは、電球だけの問題でなく、ライトの設置方法も関係あるようです。
 家のはリフト式で持ち上がっているので、水槽外に漏れる光があります。
 この光をカメラが感知しちゃうんですよね~
 あと、水面を水草が覆っている場所があるのも問題ですね。
 
②水槽のガラス面がキチャない
 これは・・・僕の管理方法もあるのですが・・・
 バンブルビー・オトシンの餌のためもあって、ガラスをこすることを一切していません。
 おかげで、バンブルビーは元気ですwww
 
③ヘタ
 はい、ヘタクソです(爆)
 
 
 
 
 
 
で、そのヘタクソが撮った写真ですwww
 
 
 
 
 
 
○ラスボラ・アクセルロディ・ディープブルー

 
この手のお魚は撮影するのが、やっぱり難しいです。
小さくて、動きが早いのでピントを合わせるのが大変です。
 
 
 
 
 
 

 
青の輝きがすばらしいですね。
で、この輝きなんですが、光のあたり具合で変わるんですよね~
 
 
 
 
 

 
こんな風に緑っぽく見えることもあります。
とてもいい魚です。
 
 
 
 
 
 
 
○ピグミー・マルチストライプ・ローチ
 

 
ゼブラ柄がとても綺麗な子です。
低層を這うことはなく、低層~中層を泳いでます。
・・・で、チョコチョコ動くもので、意外と撮影が難しかったwww
 
2匹で一緒にいることが多いです。
とても可愛いですよ~
 
 
 
 
 
 
 

写真をトリミングしたので、ちょっと荒いです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
去年の秋頃から、ブラジルの熱帯魚ホワイトリスト(輸出してもいい熱帯魚リスト)が改善され、前よりお魚が入ってくる状況になっていました。
で、最近、プレコの規制も調整されたようです。
 
 
で、本日、熱帯魚屋さんに情報を確認したところ、事実のようで、今後、熱帯魚の価格が変わってくるそうです。
 
 
現在は、在庫があることと現地が禁猟時期等にあたるらしく、金額に反映されていませんが、3月頃、早ければ2月にはその影響が出てくるようです。
 
おそらく、オレンジ・フィンやブルー・フィン等の大きくなるプレコやキンペコ系が安くなる、ものによっては1/10程になるものも出てくるかも・・・
クィーン・アラベスクやダーク・エビィルなんかが、お手ごろな値段になることを期待しちゃいますねw
 
あと、トゥッカーノ・テトラなんかも値段が下がる見通しです。
 
 
 
ただし、今まで普通に入ってきていた種が入りにくくなるかもしれません。
地元の猟師さんも安いメジャー魚より、お金になる魚のほうを採るでしょうからね~
熱帯魚屋さんも2月末頃まで、在庫処分のため値段を下げて販売する可能性がありますね~
 
僕はとりあえず、春頃まで様子を見てみることにしますwww
 
 
 
 

テーマ:アクアリウム - ジャンル:ペット

  1. 2012/01/22(日) 17:52:36|
  2. コイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラベルさらに、お魚イラスト。ご自由にどうぞ。

ちょっとお魚のイラスト・デザインをつくるテンションが上がってきたので、また、つくりました。
 
 
特定の方へ?ですwww
 
 
 
○インペリアル・ゼブラ

 
クールな感じで仕上げました。
 
 
 
 
 
○ブラウン・ジェット・ダータ

 
一番手がかかっているかも・・・
水草の上にのってる感じを出すのに苦労しましたw
 
 
 
 
 
さらに、さらに追加です。
記事を更新しましたwww
 
○フェニックス・テトラ

 
これは魚の形が気に入っていたので、つくりましたw
独特の輝きをどう表現しようかと思って・・・
☆を散りばめてみました。
ちょっと面白い感じになったなって思ってます。
 
 
 
 
 
 
気に入った方が居られたら、勝手に画像取ってってください。
文字を好きに入れて、ご自由にどうぞwww
 
 
 
  1. 2012/01/22(日) 01:45:47|
  2. イラスト素材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラベル色揚げ前のカラシン達

予備水槽の子達をメイン90cmスリム水槽に移したので、写真を撮りなおしました。
 
 
○レッド・デビル・テトラ

 
水面を水草が覆っているところがお気に入りみたいで・・・
写真が撮りにくい!!!
もっと、明るいところで留まっていてよwww
 
 
 
 
 

 
色は、まだまだですね~
各ヒレがほんのり赤く色づいています。
 
 
 
 
 

 
この写真だと、ちょっと色づいているのがわかりますかね?
これから、色揚げがんばりますw
 
 
 
 
 
 
 
 
 
○パープル・ファラガ・テトラ

 
この子も、レッド・デビルと同じように、暗めのところが落ち着くみたい。
というか、流れの緩やかなところか。
どっちにしても、写真が撮りにくい。
おまけに、光に当たってくれないと、そのブルーの輝きが表現されない!!
 
 
 
 
 
 

 
明るいところだけど、水槽の奥のほうのため、写真はイマイチ。
でも、尾ビレとかが赤くなっているのわかりますかね?
この子も色揚げがんばりますw
 
 
 
 
 
 
 
 
 
○プラチナ・テトラsp.

 
ギラリと光る頭w
 
 
 
 
 

 
銀に輝くその姿態は・・・
 
 
 
 
 
 

 
まさしく、シルバーアローwww
 
 
 
 
 
 

 
何枚でも撮りたくなっちゃいますねw
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この子は、前からメイン水槽にいた子です↓
 

 
世間一般では、水質変化に弱い飼育難魚として有名なバンブルビー・オトシン。
おそらく、体が小さいので購入時の状態のよろしくない個体が多くて、★にしやすいのでは?と思います。
家の子は、すごい良質個体を得たので、全く問題なしです。
 
その証拠に、うちの水槽に導入後1週間もしないうちに・・・
同居魚の白点治療の薬浴(ちなみにバンブルビーは患っていませんでした)に巻き込まれ、水温30℃にされ、3日おきに水換えされるという状況の中でも、もっちゃもっちゃとコケをついばみ続けていました。
 
現在、水槽導入して1ヶ月が過ぎました。
もちろん、落ちる気配なしですwww
 
 
 
 
 
 
 
さて、他の子達も、またUPしなおしていきますね~
 
 
 
 
 

テーマ:アクアリウム - ジャンル:ペット

  1. 2012/01/21(土) 18:49:26|
  2. カラシン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラベルINバナー用イラスト

昨日、TOP用イラストを作成しました。
 
調子にのって、INバナー用のイラストも作成しました。


in.jpg

リコリス・グラミーとベイダー卿ですwww
アメコミ調にデザインしてみました。
 
リコリスのヒレは、ちょっとこだわってみました。
あと、ベイダー卿の陰影もw
 
 
 
 
なぜ?ベイダー卿かは、こちらの記事でw
 
 
 
 
大きな画像で見ると、結構こだわっているのがわかるのですが・・・
83.4KBにもなってしまいます。
 
バナーとしては、一桁が理想です。
でも、小さすぎるとせっかくのこだわりがわからなくなってしまいます。
だから、普通の倍の大きさで、11.4KB・・・仕方が無いですね。
 
 
あ、もし、使いたいって人が居られたら・・・
勝手に画像持ってってください。
許可とる必要ありません。
別に権利主張しません。
著作権とれるレベルじゃないのでwww 
 
 
 
気が向いたら、押してみてください。
別に爆発しませんwww
暗黒面に囚われることも無いです(爆)
 
・・・でも、熱帯魚屋さんに行ったときに、買った記憶がないのにお魚を持っていることがあるかも・・・
そして、なぜか財布が軽くなっているかも・・・
 
  1. 2012/01/21(土) 09:22:10|
  2. イラスト素材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラベルTop用イラスト

ここのところ、仕事でエクセル計算を多用しています。
230地点1万本以上の樹木データの偏差値を出したり、相関係数を出したり、重回帰分析をしたり・・・
 
こういうのは結構好きです。
好きですが・・・
疲れるんです・・・
脳がとっても疲れるんです・・・
 
 
 
そんなときは、全く関係のない遊びをしたくなってしまいます。

top.jpg


まあまあの出来ですね。
 
 
とりあえず、Topページに飾りましょうwww
 
 
 
 
・・・つづり間違っていませんよね?
 
 
 
  1. 2012/01/20(金) 23:41:46|
  2. イラスト素材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラベルやっぱり1ペアに・・・

この週末の“神の啓示”で導入したバタフライ・バルブ。
 
20cmキューブに2ペア入れていたのですが、優劣ができちゃいました。
 
 
 
♂の1個体が真ん中を陣取って、もう一匹の♂は端っこに・・・
しかも、♀も追っかけられている・・・
 
 
 
むう、こりはイカン。
 
ということで、とりあえず♂を1匹掬い上げ、もう1ペアがはいってるリコリス&ワイツマニーM水槽に移しました。
 
 
 
 
 
 
♂1♀2で大丈夫かな~と思ったのですが・・・
 
 
やっぱり♀を追いかける・・・
 
 
 
 
むう・・・
 
 
 
 
♀も1匹、M水槽に移しました。
 
 
 
で、20cmキューブには1ペアだけに・・・
 
で、最後に残った♀は・・・
 
 
 
 
 
・・・追いかけられますw
 
 
 
 
 
むう・・・思ってたより、性格きついですね。
 
前に飼ってたときは、混泳水槽だったので、気にならなかったのですが・・・
同居してるバンブルビー・コビーは我が道を行ってしまってるので、バタフライ♂のやりたい放題です。
 
 
 
 
仕方がないので、こうしました↓
 

右側の溶岩石の組み方を変えました。
体を隠すことのできる岩場スペースを作りました。
左側のウィロモスの塊は、繁殖&避難用に入れてます。
 
 
 
背面のウィロモスが結構育ってきましたw
あと1ヶ月ぐらいで、完全なウィロモス壁面ができるでしょう。
 
 
 
 
 
 

 
ヤンキーな♂が声をかけると・・・
 
 
 
 
 
 
 

・・・昔のラブコメのように、二人が打ち解けあえる日は来るのでしょうか?
 
 
 
 
 
 
 
ちなみに、一緒に入ってるコルレア・ベビーは元気ですよ。
むしろ餌の時のタティアのブレイク・ダンスのほうが、迷惑そうです(爆)
 
 
 

テーマ:アクアリウム - ジャンル:ペット

  1. 2012/01/16(月) 21:32:41|
  2. コイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラベル新魚紹介part3

さて、やっと最後の新魚紹介。
立て続けに3本記事を更新しました。
 
 
 
 
前の記事で書いたヒント
 
 
「俺の背中に立つんじゃねぇ的なローチ」
 
 
とは?
 
 
 
 
 

 
○ピグミー・マルチストライプ・ローチ
4cmぐらいで低層~中層を泳ぐローチです。
細いゼブラ柄が特徴ですね。
 
 
同じような感じでロージー・ローチがいますね。
こっちは成長すれば、赤くなるやつです。
 
 
ずっと、このどっちかが欲しくて、悩んでいたんですが・・・
 
・赤系はレッド・ファントム・ルブラがいる
・ピグミー・マルチストライプが入荷された
・ロージーは、ネット通販でなら入荷されていた
・僕って、生体は直に見て判断したいほうなんだ♪
 
ということで、ピグミー・マルチストライプにしましたw
 
 
 
 
今回は他にもいっぱい買っちゃったので、2匹だけにしちゃったのですが・・・
もう少し入れても良かったかな・・・
 
 
 
 
あ~~早くメイン水槽に放してあげたい!!!
 
 

テーマ:アクアリウム - ジャンル:ペット

  1. 2012/01/15(日) 21:49:24|
  2. その他熱帯魚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラベル新魚紹介part2

週末に導入した残り2種の内、1種はコイ科です。
 
比較的新しく紹介された種ではありますね。
 
あまりの綺麗さから一気にスターダムへと上り詰めた種です。
 
 
 
ただ、入荷状況が悪くて、★にしちゃうことも多いそうです。
 
 
 
 
この子です↓ あ、写真はライトなし予備水槽なので悪いですw
 

 
○ラスボラ・アクセルロッディ・ディープブルー
写真はメイン水槽に移したら、撮りなおしますね。
綺麗さが全然伝わらないですねwww
 
ただ、お腹がポッコリしているのは、わかっていただけますか?
導入後すぐ★にしてしまうのは、痩せている子が多いのですが、今回貰った子はみんなしっかりした体型ですwww
 
そうそう、前の記事のヒントの“ガンズ&ローゼス”のボーカルは、アクセル・ローズっていいます。
それだけですwww
 
 
 
 
 
あと、1種。
 
 

テーマ:アクアリウム - ジャンル:ペット

  1. 2012/01/15(日) 21:34:55|
  2. コイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラベル新魚紹介part1

では、週末に購入した新魚達を紹介します。
 
現在、予備水槽に入っているのでライトがありません。
だから、暗くてピントがちゃんと合わず、写真があまいのは気にしない方向でwww
 
 
 
 
 
赤い彗星はシャア・アズナブル
赤い稲妻はジョニー・ライデン(わかるかな?)
じゃあ、赤い悪魔は・・・
 
 

 
○レッド・デビル・テトラ(産地聞くの忘れてたw)
流通量の少ない珍カラさんですね。
♂だけのセレクト個体です。
うっすら各ヒレが赤付いています。
興奮したときは全身真っ赤になるそうです。
♂ばかりの3個体なので、いつか見れるでしょうwww
 
 
 
 
 
 
 
 
 
白い悪魔はアムロ・レイ
白狼はシン・マツナガ(マニアックですね~)
なら、白銀は・・・
 

 
○プラチナ・テトラsp(ネグロ)
白点で1匹★にしちゃったから、2匹追加しました。
お店に以前購入した子がまだ残っていたのですが・・・プラチナって人気ないんかな~?
水槽内ですごい映えるんですけどね~
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
で、さっきから写真の端にことごとく写っている“シャア専用ゲルググ”っぽいのが・・・
 

 
○レッド・ファントム・ルブラ(これも産地聞くの忘れてましたwww)
白点で1匹★にしたので、追加です。
今回のは当たり個体です。
めっちゃくちゃ赤いです。
クリスタル・レッドかってくらい赤いです。
思わず5匹買っちゃいました。
大きさは2~3cmぐらいの子供サイズです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
元斗皇拳の使い手で、紫の将軍はソリア
金色はファルコ
でも、家にいるのは、紫のファルコ?・・・
 

○パープル・ファラガ・テトラ(ペルー)
この子は綺麗ですね。
レッドタイプです。
早く90cmスリムに入れたいです。
でも、この子って白点とかにかかりやすいって聞いているので、もうちょっと我慢です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、今回の新規導入のカラシン類の最後は・・・
 

 
○エラコカラックス
この子は、餌食いの関係からリコリス&ワイツマニーM水槽に導入済みです。
ちなみに、既に迷子気味ですwww
 
ヒントで、“奇術師”ってしてたのはこの記事のせいです。
全く意味はありません(爆)
 
 
 
 
 
他の子のヒントもかなりむちゃくちゃでした。
まあ、気にせずにwww
 
 
 
 
 
今は予備水槽ですが、今週中にメイン水槽に移す予定です。
落ち着いたら、写真取り直します。
 
あと、2種・・・
 
 

テーマ:アクアリウム - ジャンル:ペット

  1. 2012/01/15(日) 18:18:56|
  2. カラシン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラベルふたたび蝶が舞った

さて、コルレアを“神の啓示”のもと、お持ち帰りしたのですが、本命は別でした。
 
 
 
 
先日の白点病で真っ先に★にしてしまった子達。
 
 
 
 
かなりのロリ系で、僕のお気に入りの子達。
 
 
 
 
 

 
○バタフライ・バルブ(コンゴ)
白点で落とした直後に入荷。
まさしく“神の啓示”
これを買わずして何を買うって感じです。
 
しかも、大きさ、体系ともに、めっさ良個体♪
 
上の写真は♂です。
 
 
 
 
 
 
 

 
♀です。
雌雄の違いは、♂はヒレが黄色になります。
 
 
あ、パールグラスがボロボロになっているのは、アップル系の貝の子供が食べまくってるからです。
この水槽の水草は、ウィロモスを残して食べつくされるでしょうwww
 
 
 
 
 
 
 

 
全部で3ペア買いました。
2ペアは20cmキューブに入れて、1ペアはリコリス&ワイツマニーM水槽に入れました。
 
白点の発生した90cmスリムには入れません。
病気知らずの調子の良い水槽に、分けて入れました。
 
 
 
 
 
 
 

 
ほんまに可愛いです。
 
 
 
 
 
 
 
 

元気一杯です。
みんな一緒に行動してます。
 
 
お店に来ていたお客さんで、
「どうしても♀がいじめ殺されてしまうんよ~」
「単独ペアはもちろん、♂2♀1でもあかんのよ~」
って、言ってはりました。
 
 
 
だから、混泳水槽のほうが安全かもしれません。
M水槽はリコリスやワイツマニー、ダータ等いるので、1ペアでも大丈夫です。
 
20cmキューブは、ブルー・レオパード・タティアにバンブルビー・コビー、南米産ロケット・フィッシュsp、コルレア・ベビーです。
バンブルビーが良い緊張感を生んでくれることを願います。
ヒレはかじらないでねwww
 
 
 
 

 
バタフライ・バルブの集会に、コルレアが下から突っ込んで来てますwww
ちっちゃいですが、元気に水槽内を泳ぎまくってます。
 
アカムシ入れたら、速攻で喰いついていました。
 
 
 
 
 
 
 
今日、買ったのはもう1種いますが、これは90cmスリムに入れる予定なので、今は予備水槽で待機です。
昨日の6種とあわせて、後日紹介します。
入荷はちょっと少ない種ですね。
 
 
 
 
では、ヒントです。
 
 
「俺の背中に立つんじゃね~」的なローチです。
 
 
わかるかな~
 
 
 
 

テーマ:アクアリウム - ジャンル:ペット

  1. 2012/01/14(土) 20:52:54|
  2. コイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラベル原石コリ

昨日、お店から“天啓”(お店のご主人に直接入荷情報を聞くこと)を受けた僕は、本日も行ってきましたwww
 
 
本日のお持ち帰りは、3種。
 
 
 
 
 
早速、1種目↓

 
何か、わかりますか?
コリドラスです。
 
まだ、1.5cm程度のベビーです。
 
 
 
 
 

 
20cmキューブ水槽に入れました。
 
成長すると、体に2本のラインが入ります。
背ビレが伸長します。
 
 
 
 
 
わかりましたか?
 
 
 
 
○コリドラス・パラレルス(イサナF1)
通称コルレアです。
お店で他のお客さんが「コルレアいます?」って言いはって、
「いますけど、めっちゃちっちゃいですよ」
って、ご主人が・・・
 
めっちゃちっちゃい!?
見てみたら、大きいのでも2cmぐらいのコルレアが5匹。
 
 
 
 
“神の啓示”です(爆)
 
 
 
 
本日は別のお魚を貰いに来ていたんですが、“啓示”を受けてしまったら仕方がないですwww
 
 
おそらく♂♀というのを頂いてきました。
一番ちっちゃいサイズを掬ってもらいました。
これから、餌あげまくって、体高あげて、丸々と大きくして、僕色に育て上げます。
 
Let’s 光源氏計画(爆)
 
 
 
 
 
 
 

 
南米産ロケット・フィッシュspにご挨拶。
「ちょりーす☆」
 
 
 
 
 
 

 
そっぽ向かれました。
軽い子はタイプじゃないみたいですwww
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、次の一種もロリロリです(爆)
 
 

テーマ:アクアリウム - ジャンル:ペット

  1. 2012/01/14(土) 20:23:11|
  2. コリドラス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラベル予備水槽

先日、どうしよ~タタラタラタラ♪と悩んでいた予備水槽を立ち上げました。
 
 
 
Ap.パンドォーロの子供、思ったより居そうなんですよ。
おまけに、パンドォーロ・ママンの先に産まれた子達への幼児虐待がすごいw
 
 
目に入った瞬間、追い立てます。
 
 
 
まるで、ニートの子供に自立を促すオカンのごとく、そらまぁ、すごい勢いです。
 
このままでは、おいそれと餌にもありつけない・・・という状況なので・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
で、立ち上げた予備水槽はヒーターと水作と、隠れ家もろもろの簡単なもの。
底床はもちろん、無しですw
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こんな感じです↓

 
簡素な感じでしょ?
水草ポッドはキスゴムつけて沈めたら、魚の隠れ家になるんですよ~
結構重宝してますwww
 
 
 
 
・・・え?なんですか?
 
 
 
 
袋?・・・水・・・風船??
 
 
 
・・・
 
 
・・
 
 
 
 
 
ぼく、パンドォーロの子供をここに入れるって、言いましたっけ?
 
あーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは
 
 
 
しましたよ?啓示活動www
 
 
 
僕も馬鹿じゃないんで、白点完治直後の90cmスリムに導入することは避けたんですwww
90cmスリムは今週末から徐々に水温を27℃に調整して、水換えで薬を抜いていく作業に入りますので、早くて来週中頃に移しかえる、ということになりますね。
 
 
 
 
ちなみに、今回の啓示行動で飼ってきたお魚は、写真とってないので、・・・今度紹介しますねw
 
 
でも、ずっと秘密というのもなんなので、ヒントです。
 
①赤い悪魔
②白銀
③シャア専用ゲルググっぽいかな?
④ガンズ&ローゼスのボーカルに似てるって言われません?
⑤元斗皇拳の使い手か?
⑥奇術師(僕の過去記事)
 
②と③は追加個体です。
 
 
 
 
ちなみに、これで終わりじゃありません。
明日入荷するお魚聞いてきたので、明日も行きますwww
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あ、パンドォーロの子供は、隔離ボックスでがんばってますよwww
 
 

テーマ:アクアリウム - ジャンル:ペット

  1. 2012/01/13(金) 21:34:16|
  2. お遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラベルプレコと水草のある水槽での白点治療

僕のメイン90cmスリム水槽は、カラシンやアナバスのほか、プレコがいます。
水草もあります。
 
おそらくそんな混泳水槽を維持している方が、多いのではないでしょうか。
 
 
で、そんな水槽に白点病が蔓延したら・・・
 
 
 
 
基本、“長期治療”&“多少の犠牲”は覚悟しないといけません。
 
 
 
 
理由は以下のとおりです。
 
1.隔離
白点初期段階なら、病気になった子だけを隔離するのが一番いいです。
でも、“蔓延”している場合は、水槽ごと治療やリセットをする必要があります。
見た目は発病してなくても、潜伏期間がありますので、複数種に見られる場合は蔓延していると考えるべきでしょう。
 
あと、水草水槽の場合は、病気魚だけを掬うのは非常に困難です。
掬うために水槽内をかき混ぜると、ソイルなどを使っていると特に底に溜まったものが巻き上がります。
すると、今度はエロモとかまで併発してしまう可能性があります。
 
だから、隔離による集中治療が難しいことになります。
 
 
2.薬
プレコがいるので、規定量は使えません。
以前、規定量の1/2程度で使用しても、★(バットマン・アンジェリカス)にしたことがあります。
 
だから、薬の投薬量は規定量の1/3程度となります。
つまり、用量を守らないので、治りが悪くなります。
カラシンのように体の小さい子は・・・★となる個体が出てしまいます。
 
ちなみに僕はグリーンFクリアーを使っています。
水草に大丈夫なのと、メチレンブルーのように水槽のシリコン部が染色しないからです。
 
 
3.塩
薬が使えない場合、塩は有効です。
でも、水草は枯れます。
短期間ならもち直す事もありますが、“蔓延”していれば長期になる可能性が高いので、枯れます。
 
 
 
 
以上のことから、僕の場合は、
 
『水温を30℃ぐらいにあげて、規定量の1/3程度の薬を入れて、3日毎に掃除をする』
 
というものです。
 
 
3日毎の掃除とは、プロホースで底を掃除します。
魚の体から離れた白点虫を物理的に排除するのが目的です。
ただし、水草や流木などでゴチャゴチャになっていると、掃除できる場所は限られてしまいますが、できる限り掃除します。
 
このとき排出される水量は10~20Lです。
 
掃除の後、薬を規定量の1/3~1/2未満に調整した新水を足します。
全体の薬の投薬量が規定量の1/2を超えないように注意します。
 
 
これを2~3週間ほど続けると、だいたい治ります。
★になる子はなりますけどwww
 
 
 
 
 
 
 
 
では、事例を紹介します。
 
○白点病の発生
昨年末に白点病が発生しました。
原因は管理ミスです。
 
昨年は12月になっても暖かい日が続いていたので、ヒーターの設定温度を24~25℃にしたままでした。
おまけに、僕の部屋って壁に断熱材が入ってないんです。
水槽はもちろん壁際です。
つまり、外気の温度変化を受けやすい状態です。
 
さらに、年末って色々忙しいじゃないですか。
だから・・・朝起きて、餌あげて、仕事いって、帰って、電気消して(もしくは消されていて)、寝る・・・
魚の様子を観察しない日々が続きました。
 
すると、こういう方程式ができてしまいます。
 
水槽水温低め設定 × クリスマス寒波 × お魚より大事な用事 = 白点病蔓延
 
 
 

 
ルブライン・テトラと金目金線
 

 
ブラッド・レッド・ペンシル
 
 

 
プラチナ・テトラsp
 
 
 

 
ベタ・シンプレックス
 
 
この他にも、赤目金線、赤目黒点赤点、レッド・ファントム・ルブラ、ワイツマニー、インパイクティス・ケリー、バタフライ・バルブ等が感染しました。
プレコやコリドラス、バンブルビー・オトシン等は無事です。
 
 
 
○治療1日目
初めはインパイクティス・ケリーとルブラインだけで、上記写真ほどひどくなかったので、水温上昇のみの対応を図りました。
 
 
○治療3日目
3日かけて水温を30℃まで上昇させました。
当初設定が低かったので、これでも水温上昇させるペースは速いかもしれません。
 
この時点で、上記の写真の状態になっていたので、薬を規定量の1/3入れます。
 
 
 
○治療1週間経過時点

 
ルブラインがエライ状態です。
白点病の生活サイクルからいって、第2、第3世代に突入してます。
日々の観察を怠って、発見が遅れたため、発生初期段階での治療ができなかったツケがここに現れます。
 
 

 
ほんとひどいですね。
 
 
 

レッド・ファントム・ルブラも、あ~あって感じです。
 
 
この時点で以下のお魚が★になりました。
バタフライ・バルブ:2匹
ブラッド・レッド・ペンシル:1匹
 
金目金線、赤目金線、赤目黒点赤点、インパイクティス・ケリー、ベタ・シンプレックスは完治しました。
ブラッド・レッド・ペンシルやプラチナ・テトラspは、治りかけています。
 
 
○治療10日目
以下のお魚が★になりました。
バタフライ・バルブ:2匹 → 全滅
ワイツマニー・テトラ:2匹
プラチナ・テトラsp:1匹
ブラッド・レッド・ペンシル:1匹 → 全滅
 
ブラッド・レッド・ペンシルは完治したのですが、徐々に体色が薄れていき、★となりました。
水温が高い期間が続くのも、魚に負担をかけます。
 

赤目金線に再発です。
長期に渡るとこういう危険性もあります。
 
 

レッド・ファントム・ルブラはだいぶ治ってきました。
 
 
 
 
○治療2週間経過時点
ルブライン・テトラが3匹★になりました → 全滅
レッド・ファントム・ルブラが1匹★になりました。
ワイツマニー・テトラが1匹★になりました。
 
赤目金線は完治しました。
レッド・ファントム・ルブラは完治しました。
 
 
 
 
 
 
残りは、ワイツマニー・テトラ1匹だけです。
これが治るか、★になるかしたら、とりあえず白点が目に付く状態はなくなるでしょう。
 
あとは1週間ほど様子を見て、治療完了です。
早ければ、今週末には完了です。
 
今回の治療期間は、全体で3週間ほどになるでしょう。
 
 
 
プレコ、水草は影響なく、大丈夫でしたよ。
 
お気に入りの赤目金線や金目金線、赤目黒点赤点が無事だったのが何よりの救いです。
ただ、バタフライ・バルブは痛かったです。
お気に入りのロリっ子だっただけに・・・
 
 
 
 
今回は、まだ、完全に治療完了していないですが、こんな感じです。
皆さんの参考になればと思います。
 
 
 
 
 
白点病に関しては、とにかく日々の管理、つまりは魚の観察です!!
僕が白点を発生させるときは、決まって長期出張しているときか、今回のように油断しちゃってる時です。
皆さん、気をつけましょうね。
 
 
 
 
 

テーマ:アクアリウム - ジャンル:ペット

  1. 2012/01/11(水) 23:38:02|
  2. 病気・失敗
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラベル繁殖が・・・止まらない

Ap.パンドォーロの子供が浮上して、早4ヶ月が経ち、間で生まれた二腹目も大きくなってきました。
 
で、最近大きくなった子に対して、親が独り立ちを促すようになりました。
 
 
まあ、追いかけたりするようになっただけですけど・・・
 
 
 
 
仕方がないので、こうなりました↓

 
フロート式の隔離ボックスです。
大きいタイプなので、45cm水槽がいっぱいいっぱいですw
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
隔離ボックス内の稚魚です。
大きめの子だけ、こっちに移しました。
2cm強にはなっているでしょう。
 
 
 
 
 
 
 
で、親のほうはというと・・・
 
 

やっぱりパンドォーロの♀は愛らしいですwww
パンダ柄がロリロリですwww
 
 
おや?
何か左下にいますよ?
 
 
 
 
 
 
 
 

 
こっちにもいますね~
 
 
って、繁殖してる~~
もう浮上してる~~~
 
 
 
 
 
 
 
 

 
うまく撮影できてなくて、すいません。
 
 
 
 
 
 
仲が良いのはいいんですが、せめて前の子がもう少し大きくなるまで待って欲しかった・・・
 
 
 
 
 
 
家にはいざという時ように、20×20×30ぐらいのアクリル水槽があります。
もちろんヒーターと水作もあります。
病気が発生した時とかに使うようです。
 
 
ただし、病気になった子を掬うことが困難な水槽(ジャングル水槽になってて、隠れちゃう)なもので、使う機会はほとんど無いですが・・・
 
今回、メイン90cmスリムで発生した白点病も、病気の子を掬おうとチャレンジしたのですが、諦めました(爆)
まあ、白点の場合は水槽内に蔓延しちゃいますので、結局のところ飼育水槽をリセットしないといけないですし、年末の忙しい時期だったのでめんどくさかった(オイ!!)ので、水槽ごと薬浴しちゃいました。
 
 
だから、近いうちに、子供はこの予備水槽に引越しさせる予定です。
ただし、置き場がないので、床に直置きですけどwww
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
でも、そろそろ新魚導入したいし・・・
でも、ワイツマニー・テトラに白点が残ってる子見つけてもうたし・・・
そしたら、今週末に新魚導入するの難しい・・・
 
あ・・・予備水槽で新魚飼っておいて、白点完治したらそっちに移す・・・
ああ、パンドォーロの子は!?
 
どうしよ~~♪タタラタラタラ♪どうしよ~~~♪
 
 

テーマ:アクアリウム - ジャンル:ペット

  1. 2012/01/10(火) 21:28:29|
  2. アピストグラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラベルレッドビーを放置

ここのところ、飼育魚が★になったの、病気が出たの、と暗い記事が続き、ついにはアホみたいな妄想劇場まで繰り広げてしまいました。
 
ですので、今日はちゃんと水槽の様子を紹介します。
 
 
 
 

 
ボトルアクア(水量1L)のレッドビーちゃん5匹。
レッドビーを入れて1ヶ月程経過しました。
 
 
で、年末の忙しさにかまけて、これ・・・2週間以上ほったらかしました。
水換えどころか、足し水すらしていません。
 
ボトルアクアなので、もちろん濾過装置はなしです。
溶岩石はぎっちり入ってますが・・・
 
 
いや、それどころか、餌・・・あげてないですwww
 
 
 
 
 
で、どうなったかというと・・・
 
 
 
 
 
 

 
元気にツマツマしてますwww
5匹ともみんな元気です。
 
 
溶岩石に緑色のコケみたいのが付きはじめてます。
このコケとかウォーター・マッシュルームの枯葉とかを食べているんでしょう。
 
ちなみに、油膜はしっかり張ってますw
ということは、空気中からの酸素の取り込みはないということですね。
もちろんエアレーションはしていないので、ウォーターマッシュルームの細々した光合成だけでいけているということですね。
 
 
 
 
 
 
 

 
さすがに、抱卵はしていないようです。
でも、脱皮はしているので、成長はしているみたいです。
 
 
 
昨日、1/4ぐらいだけ水を換えてあげました。
別に、変化無しですwww
 
 
 
 
とりあえず1ヶ月は乗り越えましたね。
餌なしでいけば、水の汚れも抑えられるはずですし、次も2週間ぐらいほっといてみましょう。
 
 
このまま春までいけるでしょうか。
春を迎えれたら、「ちっちゃな地球」は、ひとまず完成ですねw
 
 
 

テーマ:アクアリウム - ジャンル:ペット

  1. 2012/01/09(月) 20:41:13|
  2. エビ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラベル熱帯魚の歴史?(3)

まあ、なんです。
お遊びで書いた“熱帯魚の歴史”の解説?です。
 
出てくる名前、名称等は、基本的に熱帯魚に絡んでいます。
人物名は、帝国側はシクリッドで、反帝国側はカラシンとコイが主です。
 
 
 
 
 
1.国、組織
・シクリッド帝国
 そのまんまシクリッドです。
・ペルヴィカ・クロミス国
 ペルビカクロミス・プルケールとか、タエニアートゥスが有名ですね。
・カラ・シン同盟国
 カラシンですね。
・アナバス共和国
 ベタとか、グラミーのグループですね。
・アルアナの夕焼け
 水草ですね。このネーミングセンスに乾杯!!
・ハイフェソ・ブリコン
 カラシンのハイフェソブリコン属のことです。
・カラキ・ディウム
 カラシンのカラキディウム属のことです。
 
 
 
 
 
2.登場人物
○シクリッド帝国
皇帝は全てディスカスです。ちなみに飼育経験はありません。
貴族はアピストグラマがほとんどです。
・ヘッケル5世
 ヘッケル・ディスカスです。
 第5番目のラインが太くなるのが特徴だから、5世ですw
・アレンカー公爵
 アレンカー・レッド・ディスカスです。
・マディラ(アレンカー公爵の息子)
 マディラ・ブルー・ディスカスです。
・マナカプル伯爵婦人
 マナカプル・ロイヤルブルー・ディスカスです。
・テフェ1世
 テフェ・ロイヤルグリーン・ディスカスです。
・ヴィルヘルミー1世
 ドイツの有名なブリーダーさんですwww
・御三家
 アルタム・エンゼル、スカラレ・エンゼル、ドゥメリリィ・エンゼルです。
 ドゥメリリィは機会があれば飼育したい種です。
・ジュルパリ家
 ジュルパリです。ゲオファーグスの仲間です。
・アカラ家
 ブルー・アカラとかポート・アカラが有名ですね。
 魚魚した形で結構好きです。
・ラミ・レジィ執政官
 パピリオクロミス・ラミレジィです。
 コバルト・ブルー・ラムを飼ったことがあります。
・エリザベ家(ネグロ公爵、孫娘サエ)
 アピストグラマ・エリザベサエですね。
 やっぱりワイルドのネグロ川産がいいです。
・グッタータ公爵
 アピストグラマ・グッタータです。
・ディプロ・タエニア宰相
 アピストグラマ・ディプロタエニアです。
・オトシン家(ボル・ケーノ、バン・ブルビー)
 ボルケーノ・オトシンとバンブルビー・オトシンです。
・ビタエニ家(アータ嬢)
 アピストグラマ・ビタエニアータです。
・ブライト・ビンテン国家保安局局長
 アピストグラマ・ブライトビンテンです。
・スキアータ家(トリファ)
 アピストグラマ・トリファスキアータです。
 青が綺麗ですよね~
 機会があれば飼いたいです。
・ディアマンテ家(アルコ・アイリス)
 アピストグラマ・エレムノピゲです。
 前はディアマンテって呼んでました。
 インボイス名がアルコ・アイリスで、スペイン語で“虹”を意味します。
 また、アイリスはユリの花ですよね。
 この魚は飼ったことはないのですが、かなり好きな魚です。
 だから、ちょっとだけ懲りましたwww
・パンドォーロ家
 アピストグラマ・パンドォーロです。
 家では繁殖に成功してます。
・シュトライフェン家(パラレル少尉)
 アピストグラマ・パラレルシュトライフェンです。
・カカト・オイデス元帥
 アピストグラマ・カカトオイデスです。
 ダブルレッドとかトリプルレッドとかの改良種がよく見られます。
・ナンナカラ・アドケタ大将
 ナンナカラ・アドケタって気が強いんですよね。
 だから、猛将ですwww
・マック・マステリー大将
 アピストグラマ・マクマステリー、通称マックです。
 家ではペアが中々仲良くしてくれません。
・アガシ・ジィー中将
 アピストグラマ・アガシジィです。
 家では繁殖に成功してます。
 
 
・ナノストムス・ディグラムス(自殺した元医者)
 珍系のペンシルフィッシュです。
・アドル・フォイ
 コリドラス・アドルフォイです。
 掃除魚なので、ハウスクリーニング(爆)
・コルレア・パラレルス
 コリドラス・パラレルス、通称コルレアです。
 製造業は意味ないですwww
・ビーシュ・リンプ
 ビー・シュリンプですね。
 レッドビーの足の赤い“レッドソックス”と呼ばれるタイプがお高いと聞いたので、靴下屋です。
・リコリス・グラミー
 そのまんまです。名前の響きがすごく綺麗です。
 個体も綺麗ですよ。
 
 
 
 
○反帝国組織、カラ・シン同盟国
・ダニオ・エリスロミクロン
 ダニオ・エリスロミクロンです。
 なんとなく名前が良かったので、良い役ですwww
・アクセル・ロディ
 ラスボラ・アクセルロッディ・ブルーです。
 綺麗ですよね。今度飼おうかな・・・
・ダディブル・ジョリィ
 ダディブルジョリィ・ハチェットバルブです。
 これも好きな魚ですね。
・プンティウス・ゲリウス
 まんまです。
・ハラルド・シュルツィ
 ハイフェソブリコン・ハラルドシュルツィです。
 特に思い入れはないです。
 名前で選びましたw
・アマパ・エンシス初代大統領
 ハイフェソブリコン・アマパエンシスです。
 大好物の魚です。
 だから、良い役ですwww
・ワイツ・マニー大将
 ワイツマニー・テトラです。
 大好物のお魚ですwww
・コペ・ランディー大将
 ハイフェソブリコン・コペランディです。
・エラコ・カラックス
 エラコカラックスです。
 この前入荷情報がありました。
・ベック・フォルディ第21代大統領
 ナノストムス・ベックフォルディです。
 ペンシルフィッシュです。
 
 
 
 
○アナバス共和国
・マクロス・トマ首相
 ベタ・マクロストマです。
 ブルネイ・ビューティーの異名を持つお高いベタです。
・シン・プレックス第49代首相
 ベタ・シンプレックスです。
 この前、♀を★にしました・・・
 
 
 
 
 
 
3事柄
・ディスカス・エイズ事件
 一昔前に養殖業者を恐怖のどん底に陥れた病気です。
・冬のホワイト・スポット騒動
 冬場の白点病は、白点粒がでかい。
・シングーの惨劇
 シングー川上流にダムを作るから、インペリアル・ゼブラが危ない?って聞いたことがあるような、ないような・・・
・失われた30年
 バタフライ・バルブが昔入荷されて、その後30年ぐらい入荷されなかったそうです。
・夏のホワイト・スポット騒動
 夏場の白点病は、白点粒が小さい。
・インフゾリア協定
 グラミーとか、カラシンの孵化したてのちっちゃいのは、インフゾリアがいいです。
 でも、僕はしません。
 だって、臭いもん(爆)
・第1次スリナム会戦
 スリナム、ガイアナ、ラプラタ、メタ、アレンカー、オリノコ、グァポレ、みんな産地名です。
・ドイツブ・リードの七元帥
 ドイツのブリード個体がよく見られる種です。
 七元帥の数字に意味はないです。
 
 
 
 
 そうそう、TF暦はTropical Fish=熱帯魚のことです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夜中に何やってるんでしょうね・・・
アホでしょwww
 
 
  1. 2012/01/09(月) 02:13:33|
  2. お遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラベル熱帯魚の歴史?(2)

続きですwww
 
 
 
 
 

TF0846年
シングー川上流域にダム建設計画が持ち上がり、これに対して学生による反対デモが勃発した。

当時の国家保安局局長であったブライト・ビンテンは自身の保身を最重要視する人物であったため、自らの経歴に傷をつけようとするデモ行為に対して常に強硬に対処していた。
 
今回のデモは初めの内は比較的落ち着いたものであったが、ある学生の投石がきっかけで暴動へと発展した。
これに対して、強硬姿勢を貫いてきていた保安局側が、学生に発砲してしまったのである。
学生は火炎瓶や実験薬品等を持ち出し応戦し、大規模暴動へと発展した。
大学は2つの校舎が全焼し、死者21名、重軽傷者355名の大事件となった。
 
後に言う「シングーの惨劇」である。
 
 
 
 
 
これにより、民主化運動は一気に加速し、「失われた30年」と呼ばれる時代へと突入してゆく。

今まで市民からも反社会的組織として卑下されていた「アルアナの夕焼け」に対して、理解者や支援者が増えていき、資金力を得た組織はその行動も過激化の一途をたどった。

後に、ダニオ・エリスミクロンは当時のことを振り返り「暴力で変えたものは、暴力で潰される」と語った。
 
 
 
 
 
 
 
 
激しい民主化運動の中、様々な悲劇的物語が生まれた。
中でも有名なのは、スキアータ家の話である。
スキアータ家は下級貴族であったが、卑しい心は持たず、良心的な領主であり、市民からも慕われていた。
そこの第一子トリファもまた、幼きころより、市民と交流を深め、多くの友人を持っていた。
だが、民主化の波はスキアータ家にも襲った。
他の地域から来た過激派メンバーは、貴族というだけでスキアータ家を攻撃するようになった。
トリファは家族を守るため、過激派と戦い、市民の友人たちの協力もあって、過激派を撃退することに成功した。
そのことを知った中級貴族のディアマンテ家は、トリファの英雄的行動を褒め称え、婚姻の申し出を行った。
ディアマンテ家の息女アルコ・アイリスは虹のように美しいと評判で、誰もがその婚約を祝福した。
だが、トリファには幼きころより共に育った、使用人の娘リコリス・グラミーと恋仲にあった。
身分の違い、自分より上級の貴族からの申し出、スキアータ家の次期領主という立場・・・
二人は悩み、苦しみ、心中の道を選んだ。
彼らが飛び込んだギアナ湖には、毎年ユリの花が咲き乱れる。
これはアルコ嬢もまた、トリファを心から愛していた証だと語られている。
この話は「アイリスの涙」として、悲恋オペラの傑作として今でも公演されている。
 
 
 
 
 
 
 
 
TF0849年
グァポレ地方の上級貴族パンドォーロ家において、火災が発生し、当主ともども焼死した。
3日後、「アルアナの夕焼け」より犯行声明分が発表された。

これにより帝国側も反帝国組織を無視できる状態でなくなり、民主化運動鎮圧に軍が乗り出すこととなった。
後に、この火災は失火であることが判明した。

当時の「アルアナの夕焼け」の実行隊長ハラルド・シュルツィは、一向に変わらない貴族社会に苛立ちを感じていた。
また、「ハイフェソ・ブリコン」や「カラキ・ディウム」などの同様の反帝国組織が乱立していたことにより、自らの組織の存在感を示すことに躍起になっていた。
そのため、この火災を利用したものと思われる。
実際、これによりハラルドは組織の中において一目置かれるようになり、「アルアナの夕焼け」の名を知らぬものはいなくなったという。
 
 
 
 
 

TF0856年
この時期には、もはや内乱の様相を呈しており、貴族の中にも反帝国組織を支援するものが出始めていた。

シュトライフェン家のパラレル少尉はその代表格である。
軍の備品係を任していたことから、反帝国組織に多くの重火器を横流ししていた。
その際に金品のやり取りがあったかは不明である。

避暑地で家族と過ごしているところを、憲兵隊に反逆・横領罪で逮捕された。
無実を訴えたが聞き入れてもらえなかった。
ただし、彼が投獄されることはなかった。
刑務所への移送中、輸送トラックと衝突事故が発生し、死亡した。
ちなみにこの時輸送していたものが小麦粉であったことから、「夏のホワイト・スポット騒動」と呼ばれた。
 
 
 
 
 
 

TF0860年
このころには反帝国組織の在りようが変わりつつあった。

個々に破壊活動等を繰り返していた組織体同士が協力関係を結び、統制の取れた戦略を模索するようになった。
ただし、「アルアナの夕焼け」のハラルド・シュルツィは組織のトップの座に固執しており、他の組織との確執が生まれ始めていた。
 
この年の暮れの明け方、朝刊をとりに出たハラルドは一発の凶弾に倒れた。
軍による暗殺説、他の組織による暗殺説、「アルアナの夕焼け」の内部犯説等さまざまな憶測を呼んだが、犯人は不明である。
 
 
 
 
 
 

TF0871年
反帝国組織は、オリノコ地方においてアマパ・エンシスを初代大統領として「カラ・シン同盟国」を建国した。
しかし、これは一方的な独立宣言であり、シクリッド帝国は認知していない。
そこで、兼ねてより隣国の小国アナバス共和国とひそかな連携を図っていた。

アナバス共和国はもともと少数民族の集まりであったが、現在においては議会制民主主義のもと国家体制を維持している国であった。
そこのマクロス・トマ首相と「インフゾリア協定」を結び、国家の地盤作りに努めた。

ちなみに、アナバス共和国との橋渡しをしたのは、ギルドでの商売で付き合いを持っていたオトシン家である。
 
 
 
 
 
 

TF0876年
シクリッド帝国とカラ・シン同盟国の始めての国家間戦争が勃発した。

「第1次スリナム会戦」
 
帝国側は、冷静沈着で、人望も厚いカカト・オイデス元帥、後に猛将と呼ばれるナンナカラ・アドケタ大将、マック・マステリー大将、アガシ・ジィー中将である。
彼らは後の皇帝ヴィーヘルミー1世のもとで「ドイツブ・リードの七元帥」と呼ばれるものたちである。

同盟国側は、後に「双璧」と謳われたワイツ・マニー大将とコペ・ランディー大将である。
また、参謀には「奇術師」エラコ・カラックスがいた。
「奇術師」と呼ばれるように彼は奇策、特に陽動・奇襲を得意とし、両大将が「双璧」と呼ばれたのも、ひとえに彼の頭があってこそといわれている。
 

この後、「スリナム会戦」は第6次まで行われ、ガイアナ、ラプラタ、メタと戦域は拡大していった。
 
 
 
 
 
 
 
 
そして・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
TF0933年
シクリッド帝国ヴィーヘルミー3世とカラ・シン同盟国第21代大統領ベック・フォルディ、アナバス共和国第49代首相シン・プレックスが国境の小都市アレンカーにて、初めて会談に及ぼうとしていた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最後まで、読んだんですか?
・・・暇ですね(爆)
 
いや、ありがとうですwww
 
  1. 2012/01/08(日) 23:28:19|
  2. お遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラベル熱帯魚の歴史?(1)

まあ、なんでしょう。
暇やったんで、熱帯魚の歴史でも綴ってみました。
 
遊びです。
ホンマに暇やったら、どうぞwww
 
 
 
 
 
 
 
 
TF(Tropical Fish)暦0803年
シクリッド帝国はディスカス王家により、150年に及ぶ統治が続いていた。
至高王ヘッケル5世の権勢下において、ペルヴィカ・クロミス国との90日戦争が終結してから40年が経とうとしていた。

太平の世を極めていたが、暗雲は着実に近寄ってきていた。
このころシクリッド帝国には眼前たる脅威となる諸外国は存在せず、軍部においては盗賊や海賊征伐といった任務が主となっていた。
このため、目立った功績を挙げる軍人がおらず、出世においても家柄や年功序列が主体となり、先の大戦で功績を挙げられなかった貴族たちは上級貴族の横暴に耐えるより道はなかった。
また、太平が長く続いたため、貴族たちは怠惰な生活を送り、それに伴い軍の錬度・倫理も低下し、収賄・暴行が横行していた。

 そんな折、ヘッケル5世が死去した。
狩りの最中の落馬が原因であった。

ヘッケル5世の長男ヘッケル6世は、先の大戦で戦死しており、弟であるアレンカー公爵が政権を引き継ぐものと思われていた。
しかし、アレンカー公爵が原因不明の病気で急死し、王宮における勢力図が大きく変わることとなった。
アレンカー公爵の息子であるマディラが最有力候補であったが、これに意を唱えるものが現れた。
由緒ある上級貴族であるが、先の大戦において目立つ活躍ができず、名ばかりとなっていたアルタム家、同じく活躍できず中級貴族の座に甘んじていたスカラレ家とドゥメリリィ家であった。
彼らはヘッケル5世の孫娘マナカプル伯爵夫人の第1子、テフェを後継者として推薦したのである。
これに対し、マディラを推薦するジュルパリ家やアカラ家が猛反発した。
しかし、ジュルパリ家は収賄容疑で逮捕され、アカラ家に至っては贅沢三昧の生活を送っていいたため、財政が火の車になっていたことが明るみになり、自殺を遂げた。

これにより、当時まだ5歳であったテフェが皇帝テフェ1世を襲名し、宰相としてアルタム家、軍務尚書にスカラレ家、国務尚書にドゥメリリィ家がつく事となった。

後に言われる御三家時代である。
 
 
 
 
 
 
 
TF0832年
とある安ホテルで一人の元医師が自殺した。
男の名前はナノストムス・ディグラムス。
かつては王立病院の医師を務めていたが、20年ほど前に横領容疑で指名手配され、行方不明となっていた。

身寄りのなかったディグラムスの遺品は、本来ならば遺体とともに埋葬されるはずであったが、彼の手帳に記された内容を見た検死官が、友人であり執政官であったラミ・レジィの元に手帳を届けたことがすべての始まりであった。

手帳を読んだラミ・レジィは、御三家とは距離を置くエリザベ家へ相談を持ちかけた。
当時エリザベ家は当主であるネグロ公爵は高齢であり、病気がちであったため、実質、孫娘のサエがすべての執政を執り行っていた。

手帳を見たサエは、叔父であるグッタータ公爵とともに、手帳の真相を追究することとした。
手帳には、スカラレ家の援助の下、ある細菌を研究していた旨が記されており、その細菌によりもたらされる症状が、アレンカー公爵の病状と酷似していた事が詳細に記されていた。
これにより四半世紀に及ぶ御三家時代は幕を閉じた。
俗に言う「ディスカス・エイズ事件」である。

御三家による王家暗殺事件は、貴族の名誉を失墜させ、圧政に苦しむ民衆に開放の意識を芽生えさせることとなった。
ただし、多くの国民も長年太平の世ですごしてきていたため、すぐに暴動等が発生することなく、地方都市でデモ活動が行われる程度であった。
 
 
 
また、当時は社会経済が安定していたこともひとつの理由である。
ハウス・クリーニングを主業務としていたアドル・フォイと製造業を営んでいたコルレア・パラレルス、服職業を営んでいたビーシュ・リンプが共同で設立したギルドを中心に、市民の生活は充実していた。
ビーシュ・リンプは服職業では後続組であり、白や黒色の靴下を細々と製造・販売している程度であった。しかし、新たな展開として高級志向の赤を取り入れた靴下が、貴族のご婦人方の間で大流行し、見事一代で財を成した人物である。

後に「経営の神様」と呼ばれ、彼の著書はマネンジメントの教科書と呼ばれている。
 
 
 
 
 
 

TF0842年
テフェ1世が44歳の若さで死去した。
死因は病死とも、自殺とも言われている。

御三家が失墜してから、後ろ盾を失ったテフェ1世の権勢は非常に衰えていたという。
もともと御輿としてかつがれただけで、執政のすべてを御三家が担っており、本人は後宮にて複数の愛人と過ごしていただけであった。
また、自らも暗殺されるのではという恐怖を抱くようになり、後年テフェ1世はノイローゼ気味であったという。
 
政権は、第一王子であったテフェ2世が継いだが、父親同様、執政には興味を持たず、新たに宰相となったディプロ・タエニアがとりしきっていた。

このころ社会経済は、通信業で失敗したアドル・フォイの代わりに、ボル・ケーノとバン・ブルビーといった下級貴族のオトシン家が参入し、大きな利益を得ていた。
下級貴族は自ら商売をすることが可能であったが、中級貴族はそのプライドが許さなかった。
当時、貴族の生活は税金で賄われていたが、長年続いた腐敗体制の下、上級貴族を除いて財政はひっ迫している状況であったため、増税が相次いでいた。
 
このころから、各地での民主化運動は活発化し、ある種の暴動行為にまで発展することもしばしばであった。
その急先鋒となったのは、弁護士であったダニオ・エリスロミクロンである。
移民の子であった彼は、幼きころより苦労をしており、貴族に生まれただけで偉ぶる輩を嫌っていた。
そんな彼は「アルアナの夕焼け」という反帝国組織を設立し、多くの活動家を資金・裁判の面で援助していた。

有名なのはTF0848年の「冬のホワイト・スポット騒動」である。
これはビタエニ家が主催の舞踏会に、税金の取立てに不満を持った市民アクセル・ロディ、ダディブル・ジョリィ、プンティウス・ゲリウスの3名が侵入し、バルコニーより小麦粉を撒き散らし、参加者の華やかなドレスが真っ白に粉を吹いた状態となったものである。
その会はビタエニ家のアータ嬢の婚約祝賀会の意味もこめられていたため、参加者は上級貴族も参加していたことから、ビタエニ家の怒りは相当なものであった。
しかし、ダニオ・エリスミクロンは3名の裁判を不法侵入の罪のみで片付けたのである。
 
 
 
 
 
 
そして、悲劇は起こった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・・・熱帯魚の・・・歴史?
 
 
  1. 2012/01/08(日) 23:24:24|
  2. お遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラベル繁殖とけんかと白点

新年早々、白点治療中の水槽内で繁殖活動をとっていたハニー・ドワーフ・グラミーさん。
 
 
あの後、お話したとおり、繁殖なんか気にせず、水換えしました。
でも、20L程を換えただけで、泡巣も残っていました。
 
家は、ハニー・ドワーフ・グラミーは♂2匹、♀1匹で飼っているんですね。
で、もう1匹の♂も泡巣を作っちゃってるんですよ。
 
 
 
 
 
 
ということは・・・
 
 
 
 
 
 
 
 

 
チュンバ「なんやねん!」
サダ「われ、目障りなんじゃ!!」
 
 
 
 
 

 
チュンバ「つるまんとなんもできへんのか!サシでこい!!サシで!!!」
サダ「わし、鉄板で頭どつかれてから、おかしなっとるからの~何するかわからへんぞ!!」
 
 
 
 
 
 

 
チュンバ「かかってこんかい!!!」
サダ「やったらぁ!!!!」
 
 
 
 
 
・・・このネタわかる人・・・どんだけいるでしょう?
 
 
 
ちなみに巻き込まれているのは、Co.ナポエンシスですwww
 
 
 
 
 
 
 
 
いや・・・
 
 
 
 
 
 
 
巻き込まれたのは、この子だけじゃなかったんです・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
3日ほど前に気付きました。
頭に怪我をしていることに・・・
口元がボロッていることに・・・
右に行っても、左に行っても、ハニー・ドワーフに追いかけられていることに・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
今日、仕事から帰ってみると・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
チーン
 
うわわわーーーーん
 
ベタ・シンプレックスの♀がお亡くなりになっちゃいました。
死亡原因は“いじめ”です。
 
今は平成の世・・・
“男が女を泣かしたらアカン”
なんて昭和の発想はダメなんでしょかwww
 
 
 
っていうか、ハニー・ドワーフがこんなに気が荒く、そして、シンプレックスがベタなのに、こんなに気弱とは思ってませんでした。
 
ちなみに♂のほうは、全くの無傷です。
仕方がないので、彼には孤高のキング、“殉星シン”として生きてもらいましょう(爆)
 
 
 
 
 
しかし、90cmメイン水槽は年末からこっち、荒れ放題です。
白点はまだ完治していません。
レッド・ファントムがいまだに引きづっています。
っていうか、キャリアーがいつまでもいたら、水温も下れないし、投薬も止めれない!!
 
 
白点では、バタフライ・バルブが4匹★になりました。
ブラッド・レッド・ペンシルが2匹★になりました。
ワイツマニー・テトラが2匹★になりました。
プラチナ・テトラspが1匹★になりました。
ルブライン・テトラが3匹★になりました。
 
やれやれです。
 
 
水質に敏感なバンブルビー・オトシンは、全く元気元気です。
導入して間もないことからも、この子等が一番初めにやられるかもって思っていたのですが、そんな気配なしです。
水槽の状態が良いのか、悪いのかがわからへん・・・
 
でも、こんだけ長いこと治療していると、負担で★になるのが出てきそうです。
 
 
 
 
 
まったく、この荒れ方・・・
世紀末覇王が去った後の世界みたいですwww
 
みんなの希望!“北斗の軍”は何処だ!?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あ、ハニー・ドワーフのネタは「岸和田少年愚連隊(ナインティナイン主演)」ですwww
 
 

テーマ:アクアリウム - ジャンル:ペット

  1. 2012/01/07(土) 20:15:11|
  2. 病気・失敗
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラベル女王様

その子は幸せでした。
その子が生まれたところは、春は桜が咲き、夏はひまわり畑、秋はもみじが舞い、冬は雪化粧。
その子は幸せでした。
とっても優しいお父さん、たくさんの兄弟姉妹にかこまれて。
その子は幸せでした。
いいところだよってお父さんが言ってから・・・
 
 
お父さんはとてもまじめな人でした。
お父さんはとても優しい人でした。
お父さんはとても誠実な人でした。
お父さんは・・・その男を信じてしまいました・・・
 
 
その男は策士でした。
親しみやすい言葉で声をかけてきました。
その男は狡猾でした。
数ヶ月の時間をかけ、じっくりお父さんの信頼をかち得ていきました。
その男は・・・お父さんに言いました。
「息子さんに是非」
 
寄宿制の学校。
緑豊かなところで、住み心地はとってもいいと。
友達もいっぱいいますよと。
 
お父さんはとても子煩悩な人でした。
旅立ちの日まで、その子に好きなものを食べさせてあげました。
そして、手土産まで持たせて・・・
 
 
長い旅路。
その子は初めて違う世界に旅立ちました。
期待に胸を膨らませて・・・
 
 
でも・・・
着いた先は・・・聞いていたものとは違いました。
 
 
朽ちた木の下を“寄宿”というんでしょうか?
手付かずの藪を“緑豊か”というのでしょうか?
乱暴な大人を“友達”というのでしょうか?
 
 
失望
苦悩
恐怖
そして・・・絶望
 
 
その子は1ヶ月近くの間、木の下から出てくることはありませんでした。
でも、クリスマス・・・
その子がとても大好きな時期・・・
優しいお父さんと仲の良い兄弟姉妹・・・
 
夢を見てしまったのでしょう。
その子は外に出てしまいました。
 
 
 
 
「あんた!なんなのよ!!ここはあたしのシマなのよ!!!」
 
 
 
通称クイーンと呼ばれるその女に出会ったのが、運のつきでした。
 
その子は容赦なくピンヒールで踏まれ、泣いて木の下に隠れてしまいました。
 
 
 
 
 
それから、また、その子は姿を見せなくなりました。
 
 
 
 
その子の名前は・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
インペリアル・ゼブラ・プレコ
 
 
 
 
 
 
 
 
クイーンはもちろん、クイーン・インペリアル・タイガー

 
「なによ!あんたも踏んで欲しいの!!!」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
うわーーーん。
シモリンパパ~~
インペちゃんがまた隠れんぼしちゃいましたよ~
 
 
 
せっかくちょこまか出てくるようになっていたのに、クイーンが追い払って、乗っかって、どっか行っちゃいました(しゅん・・・)
 
 
 
 
舐められたりして、怪我していないかだけが心配です。
早く元気な姿を見せて欲しいのですが・・・
 
 
ほんと、怪我してたら、どうしよ~~♪タタラタラタラ♪どうしよ~~~♪
 
 
 
 

テーマ:アクアリウム - ジャンル:ペット

  1. 2012/01/06(金) 22:01:37|
  2. 病気・失敗
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラベル手まり寿司

あけまして、おめでとうございます。
旧年は多くのブロ友の皆さんと交流ができたこと、大変うれしく思っています。
どうぞ、本年もよろしくお願いいたします。
 
 
 
で、本年1発目は、おめでたいお話で。
 
 
 

ハニー・ドワーフ・グラミーさんです。
 
 
 
 
 
 
 

 
新年早々、泡巣づくりです。
働き者です。
 
 
 
 

♀がやってきました。
 
 
 
 
 

お!?
 
 
 
 
 
 
 

おお!?
 
 
 
 
 
 

おおお!?
 
 
 
 
 
 
 

手まり寿司~
 
これが噂に聞くアナバス系の繁殖の様子なんですね~
 
 
 
 
 
 
 

複数回にわたって、愛を確かめ合っていましたwww
 
 
 
 
 
 
でも・・・
 
 
 
 
 
 
気にせず水換えしちゃうんですけどね(爆)
あーはっはっはっはっは
 
 
 
 
 
 
 
 
ところでこれ、白点病治療中の水槽です。
水温30℃です。
 
 
 
 
 
つまり、病院で看護婦さんと愛を・・・
いやん♪
 
 
 
 
 
ちなみに、白点病は治る魚は治ったんですが、魚種によってはエンドレス状態に突入したみたい・・・
グリーンFクリアーって前もそうでしたが、効き目薄いみたいな気がします。
まあ、規定量の1/3~1/2未満で使っているからかもしれませんが・・・
 
やれやれだぜドララーー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・・・エンドレス・・・アクトレス・・・
♪鏡の中のアクトレス♪ラララ♪
 
 
う~ん、ネタ古!!!
気分屋が柑橘系の道で、ヤンキーねぇちゃんと超能力バトルを繰り広げるやつです(爆)
わかった人はポチッてねwww
 
 
 
 
 
 

テーマ:アクアリウム - ジャンル:ペット

  1. 2012/01/03(火) 09:08:54|
  2. グラミー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

DMnao

Author:DMnao
アピストやカラシン(珍カラ)、ワイルド・ベタ、コリドラス、プレコなど小型~中型熱帯魚の飼育・繁殖について、趣味の世界を展開しています。

since 2011.7.24

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

フォトアルバム

飼育生体の写真集です。

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

たてぃ子さん

当ブログのマスコット“ブルーレオパード・タティア”です(爆)

気に入ったらポチっとしてくださいw

PVランキング

何の事だか良くわからんが、ランキングだそうです・・・ むしろ検索代わりに使ってくださいw

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。