∞あくありんぐ∞

混じり抜きを楽しむものは、衝動買いのことを“神の啓示”という

ラベルスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラベルボトルでレッドビー

週末に卓上アクアリウムを開始したことをご報告しました。
 
ここで、卓上アクアリウム(ボトル・アクアリウム)とはどんなもんやと考えてみますと・・・
 
 
 
目指すは“バランスド・アクアリウム”
 
 
 
ってことになるんでしょうね。
 
植物が光合成して、生物がご飯食べて、バクテリアが排泄物を分解して、植物が浄化する・・・
 
なら、生物を入れないと(爆)
 
 
 
 
ということで、入れました↓

○レッド・ビーシュリンプ
立ち上げて12時間以内に入れましたけど、何か?
 
 
レッドビーって難しいってよく言われますよね。
まあ、ビーシュリンプのアルビノ個体ですから、もともと強いわけがありません。
おまけに色々な作出を繰り返しているので、近親交配も進み、遺伝子が単純化し、弱くなってしまってますし、最近は体型も寸詰まりのやつも出てきてますからね~
難しくなってしまうのも当たり前です。
 
で、レッドビーの飼い方を調べてみますと・・・
『底床はソイルで、弱酸性の水質で、緩やかな流れがあって、酸素が豊富で、綺麗な水で、水温は高くなり過ぎないように注意すること』
 
 
 
 
さて、僕のボトルの中と比較してみましょうwww
 
 
 
①底床
川砂です。
ソイルが良いというのは、弱酸性の水を作りやすいからということと、ソイル自体がレッドビーの餌にもなるといったことからでしょう。
つまりは飼育者の視点から見たやり方・・・飼育者が楽できるからソイルが良い・・・ということなので、別に川砂で変えないことはないんじゃないかな?
ということで、僕的にクリアwww
 
 
 
②弱酸性の水質
水は他の水槽の飼育水を100%もってきてます。
ですので、水自体はこなれています。
ただ、pHは6.8~7.2ぐらい・・・おもっきり中性ですwww
これはどうなんでしょう?
元となったビーシュリンプは弱酸性~弱アルカリ性までいけました。
つまりはレッドビーも本来はいけるはずなんです。
ただ、アルカリ性だとちょっとしたアンモニアでも毒性を発揮しやすい環境となってしまうため、遺伝的に弱っているレッドビーはしんどい・・・飼い難いということでしょう。
なら、少なくともバクテリアが沸いて、濾過機能が十分に発揮されるまでの間は、2日に1回位のペースで水換えしたらいけるんじゃないでしょうか?
ボトルアクアなら、コップ1杯程度の水換えで良いでしょうし、ちょっとずつこまめに水換えするほうが、生体への負担は減ります。
ということで、僕的にクリアwww
 
 
 
③緩やかな流れ
ボトルアクアです。
ビンの中には何の機材も入ってません。
完全なる止水です。
流れがあるほうが良いのは、レッドビーに適度な運動をさせて、脱皮を促すってとこでしょうか?
・・・こればっかりはどうしようもないです。
がんばれとしか、言いようがないです。
エビががんばるということで、僕的にクリア(爆)
 
 
 
 
 
閑話休題↓

 
点滴式で、じっくり水あわせしたので、導入した直後からツマツマしてます。
1日以上たった今日も元気にツマツマしているので、pHはやっぱりそこまで神経質になる必要は無さそうです。
 
 
 
 
 
④豊富な酸素
ボトルアクアです。
ビンの中には何の機材も・・・
これには水草で対応です。
入れる水草には浄化作用も求めないといけません。
なら、候補としてはウィロモス、ウィステリア、カボンバ、キンギョモ、浮草系等々・・・
ウォーター・マッシュルームにしました。
何故かと言うと、まず、低温に強くて、CO2もいらない←コレ大事www
次にアマゾンチドメグサと同じセリ科ですから、浄化作用もあるでしょう。
でも、光はいるから、昼間は窓から日光を入れるようにします。
ということで、僕的にクリアwww
 
 
 
⑤綺麗な水
ボトルアクアです。
ビンの中には・・・
濾過は溶岩石で対応です。
1L程度の水量に対して、これでもかというぐらい溶岩石が入ってます。
洞窟を作りたかったので、当然の結果です。
ただ、立ち上げて12時間・・・飼育水を使っていても濾過バクテリアは沸いてません。
だから、こまめな水換えで1週間は対応します。
生体も入っていますし、濾過容量が普通の水槽に比べて小さいことですから、濾過バクテリアが定着するのも早いことでしょう。
ということで、僕的にクリアwww
 
 
 
 
⑥水温
今は冬です。
高水温の心配はありません。
エビは低温には比較的強いです。
でも、さすがに15℃を切ってしまうと・・・ヤマトやミナミでないときついですね。
ということで、こんなん買いました↓

 
パネル・ヒーターです。
水量が少ないですし、そこまで水温を上げる必要はないので、20℃ぐらいを保てる感じで調整してます。
・・・コレ付けたんやったら、水草は別になんでも良かったですね・・・
ということで、僕的にクリアwww
 
 
 
 
以上から、僕のボトル・アクアでもレッドビーは飼えるはず!?
増やすことを目的にしてないので、これでイインデスw
 
 
 
 
 
 
 

 
ツマツマしています。
ちなみに全部で5匹います。
1Lちょっとに5匹・・・ちょっと多いですねwww
 
今回入れる生体はエビにしようとは思っていたのですが、なんでレッドビーにしたかというと・・・
セール品だったので(爆)
 
 
 
 
 
写真とってて、気付きました。
ボトル・アクアは写真撮影に向いていない!!!
ガラスが湾曲しているので、ピントが合わせにくい!!!
思わぬ弱点ですwww
 
 
 
 
さあ、僕の“ちっちゃい地球”は成功するでしょうか!?
 
 
関連記事

テーマ:アクアリウム - ジャンル:ペット

  1. 2011/12/12(月) 22:47:49|
  2. エビ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<表彰台独占www | ホーム | 卓上アクア「青の洞窟」バージョン>>

コメント

クソ環境でかわいそう(笑)
がんばってほしいけど
せめてもっと水草がほしい
あと光
  1. 2014/02/08(土) 02:24:47 |
  2. URL |
  3. 内緒さん #-
  4. [ 編集 ]

Re:

>内緒さん
こんな環境ですが、2ヶ月維持しました。
掃除とか、餌とかも2~3週間あげないで、でも、★になりませんでしたよ。
バランスド・アクアが出来た状態でしたw
まぁ、2ヵ月後に飽きて、解体して、ワイルドグッピーとかと一緒に入れちゃいましたけどねwww
環境と個体数のバランスさえ保てば、レッドビーでも大丈夫ですよ~
  1. 2014/02/08(土) 10:19:32 |
  2. URL |
  3. DMnao #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aqring.blog.fc2.com/tb.php/129-4ffe9ffe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

DMnao

Author:DMnao
アピストやカラシン(珍カラ)、ワイルド・ベタ、コリドラス、プレコなど小型~中型熱帯魚の飼育・繁殖について、趣味の世界を展開しています。

since 2011.7.24

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

フォトアルバム

飼育生体の写真集です。

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

たてぃ子さん

当ブログのマスコット“ブルーレオパード・タティア”です(爆)

あ…あたしを押しちゃうの?

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ



気に入ったらポチっとしてくださいw

PVランキング

何の事だか良くわからんが、ランキングだそうです・・・ むしろ検索代わりに使ってくださいw

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

Aquarium