∞あくありんぐ∞

混じり抜きを楽しむものは、衝動買いのことを“神の啓示”という

ラベルスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラベルAp.アガシジィの変遷

さて、今日は家のメイン水槽90cmスリムでメインを飾っている子達
“アピストグラマ・アガシジィ(テフェ&テフェF1)”
について、その変遷を記しましょうか。
古い写真ばかりですが、その分多めでいきましょう。
 
 

今は亡きアガシジィ(テフェ)の♂です。
元気な子供達を残してくれました。
 

 
嫁です。
背中にシミがあります。
今でも元気に泳いでいます。
 
 
この子たちも家に来たときは3cmぐらいの大きさでした。
導入当初は♂が少し強い感じでした。
でも、♀を追いかけたりしてたのは初めのうちだけで、どちらかいえば、物静かな方・・・
というか、比較してるのがAp.マックやAp.パンドゥーロといった種ですけどねwww
 
 
 
初めの頃は繁殖のために、水槽は現リコリス&ワイツマニー水槽となっているM水槽を使用していました。
pHは6.5~7.0ぐらいで、自家採取したホオノキの枯れ葉やヤシャブシをいれて、スポンジフィルターのみで飼ってました。
導入1ヶ月程度で、産卵しました。
水槽前面においてた植木鉢に産卵してくれたから、甲斐甲斐しい子育てが満喫できました。
飼育者のことを良く考えてくれるいい子達です。
 
 
 
ちなみに子供の数は12~13匹ほど。
♀の体が小さかったから、卵の数も少なかったです。
このころの夫婦仲は非常に良く、♂も♀や子供を追い立てることはなく、♀も♂を邪険にするわけでもなく、追い立てるというより、“甘噛み”・・・ボディーキスみたいな感じ。
 
おかげで、子供も★になることなく、すくすく成長しました↓

 
でも、子供がだんだん大きくなってきたら、さすがに♂も気にしはじめ、態度が悪くなってきました。しかたがないので、子供をいざというときの予備水槽(プラケースとほとんどかわらんやっすいやつ)に移動して、集中保育。
 
 
 
で、Ap.マックの子供を落とした魔の長期出張
帰ってきたら、子供のほうは無事やったけど、なんと、父ちゃんが・・・エロモってました。
体の半分を真っ黒に変色させて、肛門とかが充血・・・10日ほどでお亡くなりに・・・
ココア浴とか、薬浴とかも試したけど、やっぱ病気、エロモナス症の治療は難しいですね。
 
 
 
ということで、残された子供たちに期待。うまい具合に♂♀が半々な感じやし、90cmスリム(混泳でいっぱいいろんなんがおるけど・・・)でのびのびさせたせいか、エエ色合いに育っていきました。
 
F1♂です↓

 
F1♀です↓

 
この頃になると、餌を食べる優劣ができて、体格差が大きくなり、歩留まりする子達も出てきました。
混泳水槽の中では、仕方のないことです。
 
歩留まり気味の小さな♂です↓

 
 
また、色々な個体差が出てきました。

 
ラテラル・バンドが薄く、全体的に黄色みの強い個体です。
全部の鱗が輝いてるのが、やっぱりテフェって感じです。
ちなみにこの子は、僕のお気に入りです。
 
このあと、恐怖の白点大流行が起きたのですが、アガシジィ達は1匹も★になることなく完治しました。
また、気が向いたときに白点病の治療過程を記事にします。
 
 
 
 
今はみんな元気に生活しており、自然界では生き残れないような歩留まりしちゃった子達もチマチマ泳いでいます。
一番立派に成長した♂は、おかぁちゃん♀にアピールしたりしています。
兄弟姉妹仲は良いみたいで、ヒレがボロッてる子はいません。
アピスト飼うには過密になっているからでしょう。
だって、90cmスリムに10数匹のアガシジィとでっかいAp.カカトオイデス、数々のカラシン達に、その他大勢・・・
F2が産まれる事はないでしょう。
 
長期飼育用の空き水槽がないから、ペアができても混泳の中でガンバレとしか言いようがないです。
アピストの繁殖の楽しさを教えてくれた種なので、産まれた子達がかわいくて、里子にも出していません。
あと、途中で白点にもかかっちゃったしね・・・
 
里子に出したほうが、種としての維持等から魚にとっては幸せなのでしょうが、これからも飼育者の身勝手に付き合ってもらいます。
 
関連記事

テーマ:アクアリウム - ジャンル:ペット

  1. 2011/10/01(土) 21:31:51|
  2. アピストグラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マックとピグミーの食事風景 | ホーム | ワイルドなのにハニーなやつら>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aqring.blog.fc2.com/tb.php/187-8ad7c495
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

DMnao

Author:DMnao
アピストやカラシン(珍カラ)、ワイルド・ベタ、コリドラス、プレコなど小型~中型熱帯魚の飼育・繁殖について、趣味の世界を展開しています。

since 2011.7.24

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

フォトアルバム

飼育生体の写真集です。

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

たてぃ子さん

当ブログのマスコット“ブルーレオパード・タティア”です(爆)

あ…あたしを押しちゃうの?

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ



気に入ったらポチっとしてくださいw

PVランキング

何の事だか良くわからんが、ランキングだそうです・・・ むしろ検索代わりに使ってくださいw

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

Aquarium